こんにちは。革パッチの現場。

ニューフェイスchoi bag用の革パッチパーツを地味に作ってます。

1日100パッチが限界ですが、そんな地味な革パッチのお話。


パイソン、ラム、ヌバック、それぞれの革の厚さがイメージより薄い時、イメージより柔らかい時は、牛のトコ革を裏貼りに使って、ハリや厚みをコントロールします。


抜き型を使い結構なパワーで革をトントンして丸いパーツを作っています。

1枚10トントン×100枚=1000トントン

その内1回集中切れで手強打w怖っ!

0.1%のドンマイ…

来年はハンドプレスやクリッカー導入したいなぁ。


革パッチの丸い断面に下地塗り→乾燥→黒コバ塗り→乾燥

ハンドル部分は乾燥後コバ塗り前に、磨きをかけ肌触り良くしています。


で、革パッチは何に使うかというと、

お好きな革5枚でchoi bagをお作りしてます。

セミオーダーが気軽にできるので、ぜひお試しくださいね。


シーンに適応し小さくてもキチンとした

愛されバッグとなりますように!


JOKAISEN MUOTOの作る現場からでした。

ありがとうございます。

etsuko☺︎






37回の閲覧

©2019 by JOKAISEN MUOTO.